消防士の教科書

これから消防士を目指す人たちの教科書になるようなことを書いていきます。

ニューヨークの同時多発テロから17年

お疲れ様です、leoです。

 

ここ数ヶ月の間で、豪雨、地震など

 

自然災害が猛威をふるっています。

 

正直なところ、あれほどの自然災害になると

 

僕たち消防士の力では、どうにもならない事が多いですね。

 

ニュースを見るたび、無力だなぁと思ってしまいます…(-_-;)

 

被災者の方は、1日でも早く普段の生活に戻れることを

 

消防をはじめとする、被災地で活動する各機関の方は、どうかケガや事故がないように

 

遠くから祈るばかりです。

 

 

【目次】

 

 

【Remember  9.11】

 

ニューヨークの同時多発テロから、今日で17年が経ちました。

 

僕が消防士を目指すキッカケとなった事件です。

 

テロにより多くの人が亡くなり

 

現場へ向かった多くの消防士が亡くなりました。

 

そして今も、多くの関係者が苦しめられている事実もあるようです。

 

アメリカ同時多発テロから17年 約1万人の人々が9.11関連の癌に 今も9.11は終わっていない(飯塚真紀子) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

僕は、あの時ビルの崩落現場で活動する消防士の言葉を

 

今もずーっと覚えています。

 

 

 

 

【キッカケ】

 

ニューヨークのワールドトレードセンタービルの崩落現場で、

 

飛行機の衝突と崩落によって、高温状態のガレ場で検索活動をする消防士たちがいました。

 

その消防士たちに向かって

 

「なぜ水をかけてガレキを冷ましてから活動しないのか」

 

とリポーターが質問しました。

 

するとこう答えます。

 

「要救助者がまだガレキの下にいるかもしれない。その要救助者に水がかかって、低体温になってしまったら大変だろ?

  俺たちは大丈夫。助けるためなら、これくらい我慢できるさ。

(一語一句同じではありませんのでご了承を!)

 

なんというか…

 

身体にイナズマが走るってこういう事を言うんだなと。

 

当時中学生の僕はビビッときました。

 

この消防士さんがキッカケで、

 

今、僕は消防士をしています。

 

 

 

 

【みなさんのキッカケは?】

 

きっとこのブログを見てくれているみなさんにも

 

消防士を目指すことになったキッカケがあると思います。

 

そしてそこにはきっと、

 

自分が目指すべき理想の姿

 

があるのではないかと(^^)

 

僕は、あと時見たニュースの消防士のように

 

いつまでもカッコいい消防士でい続けたいと思っています。

 

押し付ける訳ではありませんが、

 

カッコいい消防士、みんなで目指しませんか(^^)?

 

 

 

 

 

消防隊自主勉強会ブログ

絶賛更新中です!

 

消防隊自主勉強会ブログ

 

今回のは地域特性が出る内容ですが、参考になればと思います(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション [Blu-ray]

ワールド・トレード・センター スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

 

 

 

実戦CBRNeテロ・災害対処

実戦CBRNeテロ・災害対処