消防士の教科書

これから消防士を目指す人たちの教科書になるようなことを書いていきます。

西日本の豪雨災害について

お疲れ様です、leoです。

 

大阪の地震に続き、西日本で豪雨災害が発生しました。

 

平成になってから、豪雨災害で死者が100人を超えるのは初めてだそうです。

 

今もなお救助活動が各地で続いて、大勢の方達が避難している状況です。

 

こんな時、僕たち消防士は何ができるでしょうか?

 

僕の住む街は関東圏なので、被害もなく、かといって何かできる訳でもなく…

 

とても無力だなぁと感じます。

 

ただ、この前の地震の時も書きましたが、

 

僕たちには考えることができます。

 

もし僕たちの住む街であのような豪雨災害が起きたら

もし僕たちの住む街で大地震が起きたら

もし僕たちの住む街で…

 

ただただ傍観するだけではダメです。

 

各地で起きる災害に何も手立てができないのなら、

 

その災害を教訓とすべく、もしも”を考えましょう。

 

答えは出ません。

 

でも考えることが大事です。

 

考えましょう、この豪雨災害についても。

 

 

 

追記

 

名古屋市消防局のツイッターです。

f:id:leo1227:20180709195835p:image

シンプルだけど、ものすごく心強いですよね。

 

こんな風に人を勇気付けられる、カッコいい消防士でいたいですね(^^)

 

遠くから見守ることしかできませんが、頑張れ消防士!

 

ケガなく活動し、無事に帰ってきてください!

 

被災された方が、少しでも早く普段の生活に戻れることを祈っています。

 

それではまた。

 

 

 

 

消防隊自主勉強会のブログを立ち上げました!

消防隊自主勉強会ブログ

 

書いてる内容は、このブログ見直して書いたものです。

 

良ければ参考にどうぞ(^^)