消防士の教科書

これから消防士を目指す人たちの教科書になるようなことを書いていきます。

ドクターヘリって何だ?

 

お疲れ様です、leoです。

 

だんだん暖かくなってきましたね!

 

そして花粉症絶好調です…もう本当にツラい…

 

目と鼻取ってゴシゴシ洗いたい(;ω;)

 

ところで、最近世間では“パワハラ”の話題がたくさんですね…

 

どこの世界でも露見し始めているみたいです。

 

僕も以前書きましたが

 

ハラスメントとは - 消防士の教科書

 

やっぱり大事なのは信頼関係なのではと思うこの頃です。

 

僕ももう一度自分の立ち振る舞い考え直さねば…

 

さて、今回はドクターヘリについて書いていきます。

 

ちょっと前にコードブルーの新章が放送されていたので、世間的にもだいぶ広まったのではないかと思います。

 

ではそのドクターヘリとは何なのか、僕たち消防とどんな関係があるのか、少しずつ書いていきたいと思います。

 

良ければ今回も最後までお付き合いください(^^)

 

 

 

【目次】

 

 

 

【ドクターヘリとは】

 

見出し良い感じじゃないですか?

 

ちょっとだけこのブログの機能を使いこなせるようになりました。笑

 

さて、そもそもドクターヘリとは何なのか

 

みなさん知っていますか?

 

早速Google先生に聞いてみましょう!

 

ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターのことで、医師及び看護師が同乗し救急現場等へ向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、傷病者に救急医療を行うことができるヘリコプターのことをいう。

 

なるほど、考えていたとおりですね。

 

ドクターヘリは、医師と看護師を救急現場まで連れてきてくれます。

 

さらに病院へ搬送するまでの間にも、医師と看護師により適切な医療行為が行われます。

 

つまり“運ぶ”だけでなく“救急医療付き”ということです。

 

僕たち救急隊は、救急救命士の特定行為が拡大されたりして、救急隊としてやれることも増えてはきましたが、どちらかというと、まだまだ“運び屋”ですね。

 

さらに、ヘリコプターは渋滞がないし速度制限もないので、現場に来るのも病院に向かうのもメチャメチャ早いです。

 

救急車なんて比じゃありません。

 

本当すぐ現場に来て、すぐ病院着いちゃいます。

(乗ったことありませんが!笑)

 

これ、一刻を争うような患者さんにとっては、ものすごい医療サービスだと思います。

 

本当、ドクターヘリは救急の世界に革命を起こしましたよね。

 

ちなみに2017年3月時点で、東京以外の41道府県に51機配備されているようです。

 

数字だけ見ると全国的に配備されているような気がしますが、そんなことはないようです。

 

やはり地域により格差があるようです。

 

なぜかと言うと…

 

みなさんはドクターヘリの運用費用はどれくらいか知っていますか?

 

なんとびっくり、ドクターヘリ1機あたりの運用費用は

 

年間約2億円かかるといわれています。

 

…めちゃめちゃ高い( ゚д゚)!

 

この運用費用は、国と都道府県が負担することとなっており、今では国が最大9割を負担してくれるらしいです。

 

にしても高すぎるため、まだまだ全国に配備されるには至っていないみたいです。

 

お金の話が出たので、ドクターヘリの利用料金についても触れます。

 

ドクターヘリで搬送された場合の費用は、基本無料です。

 

救急車と同じで料金はかかりません。

 

が、ちょっと調べてみたところ、中には請求された人もいるようです。

 

その人は「呼んだら請求された」とのことなので、もしかしたらドクターヘリではないのかもしれません。

(これについては下の方で詳しく書きます)

 

が…謎の部分です。

 

ただ、僕が知る限りでは、

 

“ドクターヘリで搬送されて利用料金を請求された!”

 

なんて話は聞いたことがないので、基本的には無料だと思っていて大丈夫かと思います。

 

 

 

【ドクターヘリの仕事】

 

1.ドクターヘリの仕事

 

ドクターヘリの主な仕事は、医師・看護師を救急現場へ搬送し、救急患者をいち早く病院へ搬送することです。

 

「救急車と同じじゃん!」と思うかもしれませんが、ちょっと違います。

 

僕たち救急隊は、医療行為を行うことはできません。

 

助けたい命が目の前にあっても、できることは限られ、ただただ早い搬送を求められます。

 

きっと救命士の人は、もどかしい思いを何度も経験しているかと…。

 

しかしドクターヘリは違います。

 

医師・看護師を現場へ連れてきてくれるので、資機材さえあれば現場で医療行為を行うことができます。

 

救急車内で緊急開胸心臓マッサージをやっていた現場もありました。

 

“医療を救急現場へいち早く届けること”

 

これがドクターヘリの一番の仕事であり、最大のメリットですね。

 

 

2.ドクターヘリの運行時間

 

ドクターヘリには、日の出から日没までという運行時間があります。

 

つまり夜は飛べません。また、悪天候の日も飛ぶことはできません。

 

「いやいや、自衛隊のヘリとか飛んでるじゃん!ドクヘリも頑張れよ!」

 

と思いますが、そこは患者さんファーストです。

 

ドクターヘリこそ“安全第一”。

 

救急車で道路の凹凸を気にしながら運転するのと同じで、患者さんへの負担を最小限にするために必要な措置だと思います。

 

ましてや空路、絶対に事故がないことが大前提ですからね。

 

 

3.フライトドクターとフライトナース

 

ドクターヘリに搭乗する医師、看護師のことを

 

フライトドクター

フライトナース

 

なんて呼んでいます。

 

僕の高校の友人にフライトナースの(めちゃめちゃ可愛い)子がいますが、やはり中々の狭き門のようです。

 

めっちゃ勉強したと言っていましたね。

 

ちなみに出動がないときは、救急室で救急医として勤務しています。

 

ドクターヘリの出動要請があると、すぐさまヘリに乗り救急現場へ駆けつけてくれるわけです。

 

 

4.パイロット

 

ドクターヘリのパイロットは、医師でも看護師でもましてや消防士でもありません。

 

完全に民間会社の社員さんです。

 

朝日航洋さんが1番有名かもですね。

 

ドクターヘリのパイロットになるには、まずは操縦士の資格を取得しなければなりません。

 

その費用は約1,000万円…( ゚д゚)!

 

これもまたある意味、狭き門のようですね。

 

 

5.消防との関わり

 

①ドクターヘリの出動

 

ドクターヘリは“消防の要請に基づき”出動します。

 

あくまでも消防からの要請があった上で、救急現場に飛んできてくれるので、一個人からの要請は受けていないということですね。

(だから「呼んだら請求された」は、ドクターヘリではないのかもと思いました。)

 

②現場でのドッキング

 

ドクターヘリは専用の緊急ヘリポートに着陸します。

 

それを“ランデブーポイント”と僕らは呼んでいます。

 

このランデブーポイントに着陸するにも、ただポンッと着陸するわけではありません。

 

ダウンウォッシュ(ヘリコプター特有の吹き返しの風のことです)で砂やホコリが舞わないように散水したり

周りの住民への注意喚起の広報をしたり

ランデブーポイント付近への立ち入りを制限したりなど

 

ドクターヘリの着陸に関する安全管理を消防隊が行います。

 

また、よく“ヘリコプターの誘導はするの?”なんて聞かれますが

 

ヘリコプターの誘導は一切やりません。

 

というか、やると怒られます。

(しかも激オコです。)

 

着陸・離陸に関しては、全てパイロットさん任せです。

 

僕たち消防は、あくまでも付近の安全管理と広報です。

 

③傷病者の引き継ぎ

 

救急車で傷病者をランデブーポイントまで運び、ドクターヘリに引き継ぎます。

 

傷病者の容態にもよりますが、救急車内で応急処置をしたり、そのままヘリに乗せてすぐ離陸、なんてこともあります。

 

僕の経験上ですが、ドクヘリの先生と看護師さんは優しい人ばかりです。

 

引き継ぎも丁寧に聞いてくれて、最後には労いの言葉を言ってくれたり…

 

救急室のピリピリしている先生たちとは大違いです…(ー ー;)

(なんて書くと怒られるかもしれませんが、本当救急室の先生&看護師さんは怖いんです…)

 

傷病者を引き継ぎ後、僕たち消防隊&救急隊は帰署となります。

 

 

 

 

【まとめ】

 

いかがでしたか?

 

ドクターヘリのこと、少しは伝わったでしょうか?

 

ドクターヘリは僕たち消防と深い関わりがあります。

 

ドクターヘリは、救急隊ではできなかった医療サービスを提供してくれます。

 

しかもものすごいメリットを持って。

 

しかしその反面、莫大な費用がかかるため全国的な普及には、今一歩といったところです。

 

僕たち消防士も、病院にいる先生たちも

 

目の前の命を救うために一所懸命です。

 

いち早く現場へ駆けつけ

いち早く現場へ医療を投入し

1人でも多くの命を救う

 

そのためにも、ドクターヘリはとても重要なツールです。

 

これからもっともっと普及していって欲しいですね。

 

国の偉い人たちに頑張っていただきたい限りです!

 

それでは今回はこの辺で。

 

今回も最後までありがとうございました(^^)

 

今日辺り異動発表かな〜笑

 

 

 

自主勉強会ブログ立ち上げました!

消防隊自主勉強会ブログ

 

 

 

トミカ No.97 ドクターヘリ 箱

トミカ No.97 ドクターヘリ 箱

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターヘリのレスキュー隊 (なりたい!知りたい!調べたい!人命救助のプロ)